HOME » 光触媒とは » 光触媒のしくみ

光触媒とは

  • 光触媒のしくみ
  • 光触媒の原理と特徴

光触媒の2つの原理

光触媒は、酸化チタンに光や雨が当たるだけで汚れが落ちたり殺菌したり、いろいろな「人と環境にやさしい効果を発揮する素晴らしい技術です。
光触媒は分解性と親水性の二つの原理が働きますが、自然エネルギーを利用しメンテナンスの軽減や環境負荷の低減を図ることができるもので、この技術の利用は省エネルギー・省資源社会の実現につながります。

分解性の原理

  • 紫外線の力で臭い、雑菌を分解します。

    紫外線により、O2-(スーパーオキサイドアニオン)、
    ・OH(ヒドオキシラジカル)という活性酸素が発生。
    表面に付着した有機物の汚れやカビ・雑菌を分解します。

親水性の原理

  • 雨の力で汚れを落とします。

    水と非常になじみのよい親水基(-OH)でおおわれ、
    降水によりセルフクリーニング効果が発生します。

光触媒の特長

光触媒と一般の消臭・抗菌剤との比較

長い効果(優れた持続性)

あくまで消耗品である市販の消臭・抗菌剤と比べ、チタンそのものは劣化しないため、光さえあればずっと有害物質を分解し続けます。
経過年数とともに高いコストパフォーマンスが期待できます。

幅広い効果

消臭限定、殺菌限定の商品とは異なり、光触媒は臭いのもとや雑菌の種類に関係なく分解します。
そのため、消臭・抗菌・抗ウィルスなど、幅広い効果を発揮します。